fc2ブログ

隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

2011/07/28 御碕神社 宇屋だんじり舞風流


Edit Category 隠岐の観光
_IGP5077.jpg

3年に1度のお祭り、宇屋だんじり舞風流を見に行ってきました。このお祭り、歴史は古く1803年が始まりとされいます。地元民と流人(大阪岸和田)との合作とも言われていて、特にだんじりに子供を乗せて舞う舞はとても見ものです。

youtubeに動画がありますので載せておきます。傾けるというより引き落とすという感じです。激しいお祭りでした。また3年後が楽しみです。



写真など
20110728 御碕神社 宇屋だんじり舞風流
スポンサーサイト



20110731 八角部屋隠岐合宿 朝稽古


Edit Category 隠岐の生活
八角部屋の隠岐合宿、隠岐水産高校で朝稽古をしているということで見に行ってきました。_IGP5169.jpg

最終日ということもあって、子供相撲があったりして隠岐の海の取り組みはあまりありませんでしたが、多くの見学者で土俵周りは埋め尽くされていました。相撲への関心が強いのか、他に娯楽がないからなのかわかりませんが、多くの人が詰め掛けていました。特に地元の隠岐の富士や向井の取り組みの際には声援や拍手もあったりしました。

写真など
https://picasaweb.google.com/shimakasen/20110731?authuser=0&authkey=Gv1sRgCMef-eXP7_3mggE&feat=directlink

西郷湾、八尾川クルージング


Edit Category 隠岐の生活
先日、ちょっとお仕事の関係で八尾川遊覧船に乗らせていただきました。普段ではなかなか見ることのできない西郷湾と八尾川を見させていただきました。感謝。

IMG_0014.jpg

まず最初に現れたのは西郷湾の沖防波堤。ウミネコがたくさん止まっていて、船が近づいてもぜんぜん逃げません。そして、大量の糞、糞、糞。糞だらけ。この沖防波堤、確か去年新たにできたばかりだったような。
IMG_0005.jpg

続いて、ちょっと湾を出てすぐ左の千畳敷へ。昔はここが避暑地として夏にはにぎわったようです。後ろの山の中にはトイレ小屋らしきものもありました。かの、あの、中曽根元首相も若かりしころに隠岐に来た際、ここで涼んだと「日本海に浮かぶ」という写真記録誌に載ってました。そして、かの溝口善兵衛島根県知事も、中学生のころ、中学総体で隠岐に来た際にここで泳いだと、うちの親父が言ってました。(知事も父もバスケ部だったようです。昔の西郷中学校体育館=旧武道館が会場だったそうですが信じられません。)
IMG_0013.jpg

船は湾内に戻ります。
湾内の養殖場を見た後、大満寺山のほうを眺めると、山に向かって左の山に「トカゲ岩」が見えるといわれました。肉眼では見えなかったのですが、先日ヨドバシカメラで買った双眼鏡でのぞくとくっきりきれいに見えました。デジカメではうまく撮れなかったので写真なしです。確か岬の灯台からも見えるって看板があったような。

ちなみに、「トカゲ岩」はその形だけでなく岩石の種類も珍しいもので、世界に隠岐を含めて3箇所でしか見られない岩石だそうです。

さて、船は隠岐支庁を横目に西郷大橋をくぐります。
IMG_0020.jpg

大橋の真下です。ローゼ橋というつり橋なので橋脚はありません。昔の人はここを渡し船で往来してたんだなあという思いにふけりながら橋の下をわたりました。
IMG_0021.jpg

また、橋を抜けると西郷湾の奥深く、非常に静かなところへ出ます。西郷湾は入り口が狭く、奥が深いという天然の良港で江戸時代には風待港として栄えたそうです。湾内が停泊する北前船でいっぱいになってりる姿を想像しながら八尾川のほうへ向かいました。

八尾川も旧放水路で先人の苦労に思いを馳せながら柱状節理の岩肌を見たり、いかにも河童がいますよ的な瀬を見たりとあっという間でした。(写真はあんまり撮ってないです。。。)
昔はよく氾濫して、うちの実家も何回か浸水したことも思い出しました。

遊覧船は八尾橋、愛の橋、天神橋をくぐって最後に水祖神社へ。天神さんです。ちょうど祭りだったので、屋台やのぼりが出てました。昔はこの天神さんまでが陸地だったそうで、ここから海側はすべて埋め立地です。八尾川の浚渫土で埋め立てしたとなんかの本で読みました。
IMG_0035.jpg

ということで、後半はあまり写真を撮ってなかったのですが、全般的にブラタモリみたいに昔はこうだった~ってことに思いを馳せることが多かった気がします。地元民だからでしょうか。とても楽しい時間をすごせました。今度は正規コースを正規ガイドで乗りたいと思います。

八角部屋 隠岐合宿


Edit Category 隠岐の生活
大相撲の八角部屋がこの夏、隠岐で合宿をしています。八角部屋といえば先日の名古屋場所で勝ち越しを決めた隠岐の海をはじめ、4名の隠岐出身力士がいます。

合宿初日にレインボーアリーナにて歓迎会があったので行って来ました。
_IGP4939.jpg

入場料は男10,000円、女5,000円でした。料金には今回の合宿への協賛金も含まれているようです。
_IGP4938.jpg

力士入場です。さすがみんな大きい!八角親方が小さく見えます。
_IGP4944.jpg

鏡割り。
_IGP4948.jpg

隠岐の海の母校である県立隠岐水産高校の卒業生会、蹴浪会から化粧まわしが送られました。水産高校の校章がばっちりはいってます。隠岐水産高校は創立100年を超える、隠岐でもっとも歴史のある高校です。その伝統を胸に、これからも活躍して欲しいです。
_IGP4954.jpg


○隠岐の海
_IGP4984.jpg
○隠岐の富士
_IGP4965.jpg
○向井
_IGP4982.jpg

あと、海士町出身の宇野君も来てましたが写真を撮る機会がありませんでした。向井君は島前高校時代にレスリング部にいました。いろいろ話を聞きましたが、稽古はやっぱりきついそうです。

今回は合宿ということですが、稽古よりも海遊びや表敬訪問などが多い感じです。
朝稽古は無料で見学できるみたいなので、興味のある方は朝8時に水産高校の土俵に行ってみるといいかもしれません。

冒険家 あらわる


Edit Category 隠岐の生活
イギリスの冒険家、ノーマンサープラス(Norman Surplus)さんが隠岐にやってきました。

って誰?と私も思いました。ってことでググッてみると下記のことがわかりました。

○がんを克服してジャイロコプターによる世界一周に挑戦中ということ。
○ジャイロコプターとはヘリコプターの前身で、これで世界一周を達成した人はいない。
○イギリスを出発したのは2010年3月22日。1日の飛行距離は480km

んで、今日は長崎五島の福江空港から隠岐空港へ来ることが朝わかりました。
長崎まではフィリピンから沖縄を経由してきたそうです。(中国上空は許可がでなかったらしいです)

さて、早速隠岐空港に行きました。伊丹行きのJET便が飛び立ったちょうど1時間後でしょうか、遠い空に小さく見え始めました。そしてまもなく無事着陸。

CACMKIIN.jpg
CAH71LMP.jpg

そのままエプロンまできました。
CAJVK9QX.jpg
屋根も窓もありません。2本のプロペラのみ。これでよくイギリスから隠岐まで来れたなと。さすが冒険家です。

CAPM2VS3.jpg

さっそうと降りてこられました。上空はやはり寒いとおっしゃってました。もちろん英語なので、役場からALTの方に来ていただき通訳してもらいました。

CA2ZS7OD.jpg

到着後に記念撮影をしたり、いろいろ質問をしました。機体は2人乗りでドイツの工場で製作されたようです。
とても軽くて、到着後に雨よけのガレージまで一人で押して動かしていました。

今日は隠岐に泊まって、明日の9時に山形県の庄内空港目指して出発するそうです。。

その後、ウラジオストクへ行って北米に渡るそうです。

下記リンク先で3日前までのGPSによる飛行経路がわかりますが、やはりなるべく陸づたいで行く感じです。
あの機体なら納得です。すべて目視飛行なのでしょうか、、、やはり冒険家おそるべしです。

http://share.findmespot.com/shared/faces/viewspots.jsp?glId=0M3Zb2VvSqGOOKr8faf6ltSR80lVr0C4h

GPSを切り忘れたのか、到着後にジュンテンドーに行ったようです。(夕飯は回転寿司の海宝だったらしいですが)
001.jpg

大阪からはJET便が便利です。(夏季限定)


Edit Category 隠岐の観光
今年で6年目になりました、隠岐-伊丹のジェット機期間限定運行。普段は定員70人ちょっとのプロペラ機が飛んでますが、夏季限定で定員150名のジェット機(MD90)が就航します。
大阪からだと約50分ほどで到着します。あっという間です。

_IGP4879.jpg

地元町村等で結成している隠岐空港利用促進協議会では、東京直行便の就航を視野に入れて、まずは伊丹便の搭乗率80%を目標に活動しています。
過去5年間の実績ではほぼ75%~85%で推移しており今年も80%を目標としています。

新聞報道にもありましたが、15日の初便は約90%程度の搭乗率とまずますの滑り出しでした。

が、先日の台風の影響で19日は欠航、その影響か、今日の隠岐発便は35人くらいだったと聞きました。つまりは、大阪からツアー等でお客さんが来ないと隠岐発の便の席は埋まらないんだなあと実感。

これから約1ヶ月、ジェット便が就航しますが夏の隠岐はやっぱり来て損はないと思うので、ぜひ隠岐にお越し下さい。

隠岐空港利用促進協議会ではお得なツアーも取り扱っています。
http://www.town.okinoshima.shimane.jp/event/

隠岐 さざえ最中


Edit Category 隠岐の食
怒涛の一週間が終わり、久々のお休みでした。

思えば先週の10日、前回の記事のようにタウンプラザしまねで「隠岐フェア」に参加。

その日の夕方、飛行機で福岡へ。福岡に泊まる。
翌日11日。朝6時45分発の九州新幹線で鹿児島へ。鹿児島港からジェットフォイルに乗ること2時間。

屋久島に到着。午後から屋久島町役場訪問。

翌12日、午前中に屋久島を視察。午後のジェットフォイルにて鹿児島へ。
そのまま九州新幹線、山陽新幹線、伯備線と乗り継いで松江まで6時間の鉄道旅行。その日は松江泊。

翌13日、朝一のフェリーにて隠岐へ帰る。昼からの会議に参加。

翌14日、昼から島前で会議に出席。そのまま懇親会で島前泊。

翌15日、朝のレインボーで島後へ。そして昼から隠岐-伊丹間ジェット機就航初便にて大阪へ。

翌々17日、隠岐へ帰ってくる。

とまあ、あっという間に一週間が終わってしまいました。。。

屋久島の話はまたまとめて書きたいと思います。いろいろ勉強になること、刺激になること、発見、隠岐の魅力の再発見などなどがたくさんありました。強行日程でしたが行った甲斐がありました。


さて、タイトルのサザエ最中ですが、ジェット機の初便に乗った際に記念にいただきました。隠岐の和菓子屋さんの「秀月堂」さんが作っているようです。このほかにも河童や駅鈴をモチーフにしたお菓子も作っておられるようなので、今度チェックしてみたいと思います。
_IGP4885.jpg

2011.07.10 隠岐フェア (とことん隠岐づくし4)


Edit Category 隠岐の観光
_IGP4761.jpg

松江市の県庁前にあるタウンプラザしまね。別名市町村振興センターということで、島根県内の市町村のPR活動の拠点?になってます。
で、夏の観光シーズンを前に隠岐フェアが開催されました。
隠岐関係の物販や各市町村のイベントコーナーなどあって、大勢の人でごった返していました。
_IGP4751.jpg
_IGP4753.jpg
各市町村のイベントではじゃんけん大会や○×クイズで優勝者には隠岐ペアチケットが贈呈されるなど、太っ腹な企画でした。

知夫村のコーナーでは山陰の歌姫、ベイジーさんがミニコンサート行いました。その見た目からは想像のつかない力強い歌声で観客を魅了していました。
_IGP4765.jpg

海士町のコーナーでは恒例の?もちまき(もち投げ)があり、大勢の人がお餅目掛けて手を伸ばしていました。
_IGP4770.jpg
_IGP4773.jpg

そして、各市町村から先着100名様にいろいろプレゼントがあったのですが、その際には大勢の行列ができていました。
_IGP4763.jpg

最終的には急遽、隠岐の島町さんのサザエのつかみ取り、1回200円という破格な企画なんかもあったりしました。
_IGP4777.jpg



さて、本題はここからです。

実はこの日からタウンプラザしまねの2階では隠岐ジオパークの展示を行っています。なかなか見ることのできない貴重な岩石や、隠岐ジオパークのパンフレットもおいてあります。
_IGP4756.jpg
_IGP4757.jpg

残念ながらウミホタルはこの日だけでした。。。(海水の塩分濃度や水温が高くてすぐ弱ってしまったようです)
_IGP4775.jpg

また、黒曜石のやじり作り体験も500円でできますので興味があれば事前に申し込んで行ってみるといいかもしれません。
_IGP4762.jpg

やじりは黒曜石を鹿の角で割りながら作ります。
_IGP4778.jpg


矢じり作りチラシ

晴天 津戸へ行く途中の夕日


Edit Category 隠岐の生活
久々にいい天気でした。仕事が終わってから、ちょっと用事があって都万方面に向かうとちょうど空が赤く染まって来ました。
夕日が見えるかな~と思って車を走らせましたがぜんぜん見えず。見えるのは赤く染まった空のみ。

どっか見えないかなあ~と思ってウロウロしてたら津戸に行く途中で見えました。
20110705-1.jpg

ギリギリ沈む手前でした。

んで、ちょっと道を行くと下へ降りる細い道路を発見。(ほんとに車幅ぴったりくらいの)
降りてみると「夕日・・」と書いた看板が落ちていた。(撮るの忘れました。。。)

そこから見た景色がこれ↓
20110705-2.jpg

那久まで行けばもっときれいな夕日と景色が見れたんだろうなあ~と思って帰りました。
でもやっぱり夕日は写真より実物がいいですね。

撮影場所。

より大きな地図で 20110705 津戸夕日 を表示

五箇 南方 あじさい街道


Edit Category 隠岐の生活
あじさいが見ごろかなと思い、五箇の南方にある「あじさい街道に」あじさいを見に行きました。
_IGP4702.jpg

結論から言うと、まだ6分咲き?くらいでした。日当たりがあまりよくないような感じなので、これから満開かなあと。
_IGP4713.jpg
_IGP4724.jpg

_IGP4706.jpg

満開になるときっとすごいんだろうなあと思える街道です。

あじさい街道の場所。

より大きな地図で 五箇南方 あじさい街道 を表示

濃霧注意報 隠岐地域天候不良により飛行機欠航


Edit Category 隠岐の生活
6月の終わりにいい天気が2~3日続いてこのまま梅雨明けかと思いきや、梅雨らしいジメジメした天気が続いている今日この頃です。
今日も朝から霧雨で、濃霧注意報がでました。

西町と港町の交差点から見える合庁と愛宕山。夕方はだいぶ霧が晴れました。
_IGP4728.jpg

この影響で飛行機は出雲便、伊丹便ともに欠航。週末の大事に時期に残念です。フェリーは運航してましたが、視界が非常に悪いせいか入港時には絶えず汽笛を鳴らしていました。

隠岐の観光地というとやはりその景色が目玉なんですが、霧が出るとぜんぜん見えなくなってしまいます。
たとえば白島海岸の展望台
CATEOSUZ.jpg
まったく見えません。

天気がいいと水平線がきれいに見えます。
IMGP6122.jpg

逆に、乳房杉なんかは霧が出てたほうが幻想的な雰囲気になっていい感じです。
(今日写真を取りに行こうと思いましがさぼりました。観光連盟のHPでご確認下さい。)
http://www.kankou-shimane.com/mag/10/08/akioki.html

明日は霧が晴れたらアジサイでも撮りにいこうかと思います。
 
07 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

06 08


 
 


ARCHIVE RSS