fc2ブログ

隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

スサノオマジック プレシーズンマッチin隠岐


Edit Category 隠岐の生活
9月8日にスサノオマジックが来ます。隠岐に。プレシーズンマッチです。相手は昨シーズン、プレイオフで最終戦までもつれ込んで敗れた相手、京都ハンナリーズ。因縁の対決です。

120120628190904.jpg


場所は隠岐の島町総合体育館レインボーアリーナ。
配席図はこんな感じ。
120120628192945.jpg

やはり選手の迫力を感じるにはコートサイドの①~④がお勧めです。

松江にいるころにはホーム戦はほぼ毎試合スタッフで借り出されていたので、今回の隠岐開催は非常に楽しみです。
バスケに興味のある人もない人も、是非ご覧ください。

本土からもスサノオブースターだけでなく、京都ブースターにもたくさん来て頂きたいですね!
京都からは大阪伊丹空港からの直行便が便利です。


○スサノオマジック公式HP
スポンサーサイト



第14回 隠岐古典相撲大会


Edit Category 映画「渾身」
隠岐古典相撲
新隠岐病院開院 祝賀奉納
第14回 隠岐古典相撲大会

隠岐古典相撲が開催されます。

隠岐古典相撲については過去のエントリーをご覧ください。

開催日は7月の末、7月28日、29日。隠岐古典相撲は夜通し行われる隠岐の相撲大会です。

昨年、地震の影響でTVCMが自粛され、かわりに公共広告機構(AC)のCMがたくさん流れました。
その際に中国地方を中心に隠岐古典相撲の1勝1敗の精神、おもいやりを大切にしようということで、隠岐の古典相撲が大々的に取り上げられました。


また、古典相撲を題材にした小説「渾身」を島根県出身の映画監督、錦織良成監督が映画化をして、今年の冬には公開が予定されています。

とまあ、隠岐古典相撲は今年注目の年だったりします。

youtubeに隠岐古典相撲の動画があったのでリンクしときます。雰囲気だけでも伝われば。5人抜きとか懐かしいなと。




第7回 隠岐の島ウルトラマラソン終了!


Edit Category 隠岐の生活
隠岐の島ウルトラマラソンが終了しました。

過去最大の942名がエントリーをして、実際の参加者は約870名とこれまた過去最高の大会となりました。

毎年恒例の前日の前夜祭。いわがき、ヒオウギ貝や隠岐そばなどが振舞われます。隠岐のお酒もあります。
隠岐の島ウルトラマラソン

ステージ上の川内優輝選手(一番右)と隠岐の島ウルトラマラソンが縁で隠岐にいらいた隠岐病院の加藤先生夫妻。川内選手は今度の福岡国際で2時間7分台を出して、モスクワ世界陸上の日本代表を目指すそうです。
隠岐の島ウルトラマラソン

で、当日。

天気予報は曇り時々雨と、走るのにはまあまあのコンディションかなと思いきや。青空。。。
隠岐の島ウルトラマラソン
気温も徐々に上がりながらスタート。

100kmは朝5:00スタート、50kmは11:30のスタートでどちらもゴールは19:30まで。
コースはアップダウンの多い激しいコースです。
vmap.gif

それで、結果ですが、100kmの部はトップが男子で7時間半くらい。50kmの部は川内選手が昨年の雪辱を晴らして大会新記録2時間51分で優勝しました。あのコースを1km3分半以上のペースで走り抜けるとは。

日本のトップレベルの走りを見れる良い機会となりました。

超高速船レインボー2の後継船の名称募集!


Edit Category 隠岐の生活
高速船

隠岐と本土を結ぶ隠岐汽船の超高速船レインボー2は平成25年の11月で退役します。後継船として平成26年3月からはジェットフォイルが就航します。

このたび、このジェットフォイルの船名の募集が開始されましたのでふるってご応募ください。

詳しくは隠岐広域連合のHPでご確認ください。


平成24年7月6日まで。最優秀賞者にはレインボーの往復チケットが贈られます。
まあ金額にすると1万円ちょっとですが、自分の命名した船が今後何十年も隠岐航路で活躍すると思うと胸が熱くなりますね。

ちなみに、現在のレインボーの命名の由来は隠岐汽船百周年記念誌によると、
隠岐ジェットフォイル


"隠岐の7町村が永遠に手を携え、隠岐と本土を繋ぎ夢と希望の21世紀への虹の架け橋となることを願っている"

だということで、後継船命名の参考になればと思います。


隠岐銘菓「姫扇(ひおうぎ)の舞」


Edit Category 隠岐の食
隠岐は言わずとしれたことなんですが、魚介類が種類、数、質、どれをとっても豊富です。アワビ、サザエ、岩がき、バイなどなど貝だけでもいろいろ楽しめます。中でも珍しいのがヒオウギ貝です。
隠岐ヒオウギ貝
○周吉屋ホームページから画像を拝借しました。

この貝、非常にカラフルなんですがこれが天然の色なんです。きれいで不思議です。もちろん味もいいです。

で、そんな貝をお菓子にしたのが「姫扇の舞」です。
隠岐ヒオウギ貝

ふたを開けるとヒオウギ貝が5枚も入ってます。で、これがお菓子かと思いきや、これは本物の貝殻です。食べた後も貝殻は残るので、隠岐のお土産にはもってこいかと。
隠岐ヒオウギ貝

お菓子はこの裏についてます。ヒオウギ貝型をした最中です。
隠岐ヒオウギ貝

だいたい、こういった見かけに工夫が凝らしてあるお菓子は、見かけだけでお菓子自体は大して、、ということが相場です。これもそうだろうと思って(秀月堂さんすみません)食べたところ、、、、

最中だけでも売れるんじゃない?ってくらい、おいしかったです。
(まあそうなるとヒオウギってわからなくなりますが・・・)

ということで、見てよし、食べてよし、お土産によしという3拍子そろったお菓子でした。

隠岐ヒオウギ貝
過去にはさまざまな栄誉に輝いているのも納得です。

地元の銘菓ってあまり食べることがないので、いい機会でした。

ミサイル艇「はやぶさ」が隠岐へ来ました。


Edit Category 隠岐の生活
隠岐には自衛隊の基地がありません。国境にある離島の役割の重要性が再認識されつつある今日ですが、先日、島根県知事が国に対して隠岐への自衛隊の駐屯を要望しました。

不審船が相次ぎ漂着…「隠岐に自衛隊を」と地元
島根県は18日、2013年度の国の予算編成や施策に対する計40項目の重点要望を県議会に報告した。
 1、2月に朝鮮半島からとみられる不審な小型木造船が隠岐諸島に相次いで漂着した問題を受け、隠岐諸島に自衛隊を配備するよう、新たに要望として盛り込んだ。
 県によると、小型木造船の漂着を受け、地元で自衛隊配備を求める声が高まっているという。さらに、北朝鮮は4月に「人工衛星」と称したミサイルを発射するなど情勢が緊迫しており、県は「国境に近い離島として、隠岐の安全保障上の重要性は大きい」としている。
 県は陸上自衛隊の分屯地などを想定しているが、「万が一の不測の事態に対応できる部隊なら問わない」としている。 県はまた、県西部での米軍機の低空飛行訓練による騒音問題を受け、米軍への訓練中止要請や実態の把握を求めることなども要望に盛り込んだ。(矢沢慎一)2011/5/19 読売新聞WEB版


そんななか、今日は海上自衛隊のミサイル艇「はやぶさ」が隠岐にやってきて一般公開もするということで、行ってきました。
IMG_0521.jpg
ミサイル艇はやぶさ。西郷港メガフロートに接岸です。

IMG_0526.jpg
ミサイルは船体後方に3基あります。船の速度は約80km。隠岐と本土を結ぶ高速船レインボー2よりも速い!

IMG_0536.jpg
これがミサイルです。射程距離は150km。五箇の久見から竹島まで、ちょっと足らないくらいの距離です。

はやぶさといえば、国と県の絶滅危惧種に指定されていますが、先日、隠岐にも住んでいるという報道がありました。

ハヤブサ定住キャッチ・・・隠岐
 国と県の絶滅危惧種に指定されている猛きん類のハヤブサが、隠岐の島町大久の龍ヶ滝に定住しているのを、同町卯敷の環境省自然公園指導員、野津大さん(68)が確認した。

 野津さんによると、ハヤブサの生息数は国内で約1000羽以下と推定されている。人が近寄ることができない海岸や山の断崖に巣を作り、3月下旬~4月上旬に繁殖。近年は、開発による生息地の破壊や、餌となる鳥を通して有害化学物質が蓄積するなどし、繁殖率が低下しているという。

 野津さんは昨年3月、高さ約100メートルの断崖絶壁がある龍ヶ滝で、ハヤブサのような鳥が、つがいで飛んでいるのを発見。現地に約1年間通い続けたが、いつも遠くを飛び、カメラで撮影しても黒い点にしか写らないため、ハヤブサかどうかは断定できなかった。しかし、今月1日午後2時頃、たまたま1羽が近くに飛んできたため、撮影に成功。写真からハヤブサと断定でき、定住しているのも分かったという。雌雄は不明。

 県立三瓶自然館サヒメル(大田市)によると、ハヤブサは、県内では海辺の断崖絶壁などの近くに生息。数年前には松江市の山陰合同銀行本店ビルに営巣していたこともあったという。

 野津さんは「トキのように、いつ激減してもおかしくない鳥。静かな隠岐で、繁殖し続けてほしい」と話している。(佐藤祐理) (2012年6月5日 読売新聞) 


ミサイル艇のはやぶさもそのうち隠岐へ定住・・・なんてことがあるかもしれません。

岩倉の乳房杉(ちちすぎ)


Edit Category 隠岐の観光
兄がお客さんを連れてきてて、岩倉の乳房杉(ちちすぎ)を見に行くというので便乗して写真を撮りにいくことに。南谷林道を銚子から上がるか布施から上がるか迷いましたが、今日の11時半発の飛行機で帰るということで、時間がなかったので銚子から登ることに。

道は狭くてかつアスファルトが隆起してましたが、なんとかビューポート前から30分で到着。
ちょうど小雨で霧が出ていたのでいい雰囲気でした。

_IGP9746.jpg
乳房杉(ちちずぎ)

やっぱり何度観ても存在感があります。枝が何本にも分かれていて、芦生杉の特徴を示しています。いわゆる日本海側の裏杉というらしいですが。

約2万年前の氷期に隠岐と本土はつながってました。その際には本土から杉やナウマン像などがわたって来たと考えられます。そして氷期によって本土の杉は一度絶えてしまいますが、隠岐や屋久島、伊豆、佐渡などでは杉が生き残っていたことが、地層に含まれる花粉の量などから推測されています。杉の逃避地というそうですが、そういった生き残った杉が温暖化によって再び本土に戻っていったそうです。

_IGP9747.jpg
鳥居から先は入れないので、近くまでは行けませんが林道沿いからお手軽にこの風景が観れるのは感動ものです。
_IGP9750.jpg
森の主のような風格を持つ乳房杉。

帰りは布施側に降りて、せっかくなので大山神社も見ていくことに。
大山神社は山祭でおなじみのあの神社です。神社といっても鳥居とご神木のみのシンプルな神社です。
_IGP9754.jpg
ご神木。

_IGP9753.jpg
かづらの巻きつけられたご神木。

これだけ観てもつまらないので、スマホで帯締め神事の動画を観てもらいました。やっぱろここでこういうお祭をやってるんですよ~っていうよりも動画で見せたほうが説得力があるなあと実感しました。
それにしても何回見ても飽きないです。この動画。



梅雨入り隠岐の島


Edit Category 隠岐の生活
隠岐 梅雨
隠岐も梅雨入りしました。昨日までは本当にいい天気で、今日も午前中は晴れてましたが、天気予報どおり昼からは雨。そして梅雨入り宣言。

隠岐 梅雨
夕方になると雨の降りも強くなって来て、いよいよジメジメ、ムシムシの季節に。

まあでも雨が降らないと農作物の生育に響くので適度に降ってもらわねば。降りすぎも困るけど。

こうなると天気が気になるのが来週のウルトラマラソン。
週間天気ではおそらく曇り!?走るのにはいいかもしれない。

○ウェザーニュース

第7回 隠岐の島ウルトラマラソン


Edit Category 隠岐の観光
フルマラソンは42.195kmですが、100km走るマラソンのことをウルトラマラソンと言うそうです。

そのウルトラマラソンが10日後の6月17日に開催されます。

_IGP4592.jpg
前回の100kmのスタート風景。朝の5時。朝焼けがきれいでした。


隠岐の島町の合併を記念して始ったこのマラソンも第7回。回を重ねるごとに参加人数も増え、今回は941人と1,000人に迫る勢いです。
離島のため、他の大会のように車で当日入り~みたいなことが出来ないので、島外からの参加者数には宿泊施設の問題から上限があります。
それが650人。したがって、単純計算で約300人が島内からの参加者。第1回の島内の参加者が30人だったので、約10倍になってます。

隠岐ウルトラマラソン

背景にはジョギングブームもありますが、やはり公務員ランナーとして有名な川内優輝選手の出場があると思います。

昨年、世界選手権を控えてこの大会の50kmの部に参加した川内選手。もちろん、ぶっちぎりで優勝と思いきや、残り600m付近で脱水症状のため転倒。そのまま救急車で運ばれリタイヤとなりました。本当にゴールまであと少しだっただけに、悔しかったのではないかと思います。

今年はそのリベンジ?ということで再度50kmに挑戦されるようです。

隠岐の火山が作り上げた過酷なコースは標高200m級の山々を登っては降り、の繰り返しです。コースは非常に厳しいですが、
沿道での応援、私設のエイド、受入態勢などについても評価が高く、また出場者には地元小学生からのメッセージが同封されるなど、マラソンを通してさまざまな出会いやふれあいがあるところが隠岐のウルトラの魅力でもあります。


青山学院初等部 洋上小学校かめりあ丸来島!


Edit Category 隠岐の生活
東京の青山学院の初等部さんは毎年、東海汽船さんの「かめりあ丸」を貸しきって、8泊9日で日本中を船でまわる「洋上小学校」という学習をしているそうです。

○青山学院洋上小学校

今回、6月3日には隠岐の西郷港へ寄港しました。
洋上小学校
普段は隠岐汽船のフェリーしか係留されていないため、非常に新鮮な光景でした。日程は朝来て夕方に帰るという日帰りでした。途中の時間はフェリーも来るので、そのあいだは西郷港沖へ退避していたようです。

夕方、次の寄港地である尾道に向けて出港するということで見送りに行きました。
もちろん恒例の紙テープでの見送り。ちょっと人が少なくて残念でしたが、生徒さんも吹奏楽とリコーダーで応えてくれました。
洋上小学校

ちなみに、かめりあ丸のおっかけをしている方もいらっしゃるようで、その方は隠岐汽船のフェリーで隠岐へ来島されていたようです。
柳原 遊のかめりあ丸でGO!(*^o^*)/

今回の寄航では生徒さんは約半日の滞在となりましたが、また大きくなって隠岐のことを思い出して、来てくれればいいなと思います。

第10回 とって隠岐スリーデーウォーク


Edit Category 隠岐の観光 Tagged  隠岐   スリーデーウォーク   ウォーキング 
6月2日~4日までの3日間で隠岐4島を歩いてめぐる、とって隠岐スリーデーウォークも第10回です。隠岐4島を周遊する唯一のイベントです。また、ウォーキング大会では珍しい、途中で内航船に乗るコースがある大会でもあります。

○公式HP とって隠岐!スリーデーウォーク

とって隠岐スリーデーウォーク

今回は第10回の記念キャップがついてきました。

初日は海士町と知夫村を歩くコースです。10km、23km、30kmの3コースあります。
参加者は北は北海道から南は九州までで、約240名が参加です。
とって隠岐スリーデーウォーク

海士町の田園風景。海士町は島前の他の島と違って田が多いです。
とって隠岐スリーデーウォーク

途中の給水所やチェックポイントにはフルーツポンチやお茶が用意されています。紙コップで提供されるのですが、マイコップを持っていくとエコかもしれません。
とって隠岐スリーデーウォーク

続いて知夫村へ。

知夫村のスタートは知夫で一番高い山、赤ハゲ山までバスで登って、そこから歩いて港まで下っていくコースです。知夫は放牧が盛んなので、牧場の中を下っていく感じです。もちろん牛もたくさんいます。

とって隠岐スリーデーウォーク

ゴール5km前くらいからみたスタート地点。一番奥の山の上に見える建物がスタートです。
とって隠岐スリーデーウォーク

結局30kmを休憩と移動時間を含めて7時間30分かかりました。天気は曇りで暑くもなく、じゃっかん寒いくらいでしたが、歩くのにはちょうど良い気温でした。ほどよい疲れとともに島を後にしました。

○スリーデーウォークアルバム

2週間後には隠岐の島町で島を1周するウルトラマラソンが開催されますが、隠岐の地形を存分に使ったイベントは面白いですね。
Community テーマ - 島根県  ジャンル - 地域情報
 
06 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05 07


 
 


ARCHIVE RSS