fc2ブログ

隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

さよならレインボー2


Edit Category 隠岐の生活
隠岐と本土を結ぶ高速船「レインボー2」が今季限りで引退となります。
11月30日は運航最終日。平成10年7月に就航してから16年。島民や観光客の足として活躍してきました。

最終運行日前の5日間位は海が荒れて、欠航続き。まさか最終日も欠航なのかなあと思いましたが、天気が持ち直してラストランへ。

ということで乗ってきました。
1456684_584241264983016_1748097454_n.jpg

最終運行日の乗船券
1005025_584241241649685_643050543_n (1)

配られた粗品
1476055_584241278316348_949099998_n.jpg

最近は機関故障も多くて連休などのお客さんが多い時に運休なんてこともありましたが、16年間、冬以外の毎日、大きな事故もなく運航していただきました。ありがとうございました。

3月からはレインボージェットということで、ジェットフォイルが就航します。
こちらは中古船で、鹿児島と屋久島間に運行しいていたトッピー5というものです。竣工は1991年なので、船齢は20年を超えています。

内装などはリフレッシュすると思いますが、形はやっぱりレインボーと比べると古いかなあという感じです。

レインボージェットの画像は「船好きのブログ」さんをご覧ください。

レインボー2との違いを何点か挙げると

・エンジンがディーゼルからガスタービンへ。
 デーゼルエンジンは大型で重く、船体を浮き上がらせる水中翼船には向いていないと言われていましたが、三菱の技術力で世界初のディーゼルエンジンの水中翼船として登場したのがレインボーです。
 ジェットフォイルは航空機と同じガスタービンで、小型で軽量です。燃料もディーゼルは重油、ガスタービンは軽油となっており、このへんがランニングコストにどう響いていくかが今後課題かと。


・双胴船から単胴船へ
 レインボーは船を2つ横に並べてくっつけた双胴船になっていて安定感があり、着水運行していても比較的揺れは少ないです。ジェットフォイルは単胴なので、双胴船に比べると着水時には揺れます。
航行中は関係ないですが、停泊中や境水道に入った時などの着水航行時にちょっと差が出るのかなあと。
また、船体の幅がレインボーよりジェットフォイルは狭くなるので定員も300名から260名程度へ減るようです。

・最高速度
レインボーは時速70kmですが、ジェットフォイルは80km。早くなることによってもう一往復増えるなんてことも?

・耐波性能
レインボーよりジェットフォイルは50cm高いため、冬季の時化での運航が期待されます。

・ドッグ機関
レインボーは2ヶ月のドッグ運休がありましたが、ジェットフォイルはエンジンをそっくり入れ替えるので1ヶ月で終わるとのこと。

などなど、です。

で、この船の導入にかかる経費はいろいろコミコミで。

25億円だそうです。(島根県議会議事録より)

レインボージェットも「レインボー」の名を継いでますので、当初のこの名前に込められた思いを引き継いで、安全に島民の足として活躍して欲しいものです。

○隠岐汽船100年史より
隠岐ジェットフォイル

スポンサーサイト



紅葉@あごなし地蔵


Edit Category 隠岐の生活
紅葉が見ごろを迎えました。

昼から時間があったので都万目のあごなし地蔵院へ。

隠岐へ配流となった小野篁ゆかりの地でもあります。

以下、写真のみ。

_IGP5018.jpg

_IGP5064.jpg

_IGP5067.jpg

_IGP5050.jpg

_IGP5036.jpg

_IGP5033.jpg

すぐ冬になりますねー。

鷲ヶ峰(屏風岩)


Edit Category 隠岐の観光
寒い日が続きます。

急に寒くなったので職場の自販機はあたたかい飲み物が売り切れです。
IMAG0847.jpg

さて、今日はこの寒い中、某女性向けアウトドア雑誌の取材ということで鷲ヶ峰に登ってきました。標高は500mくらいかな。途中まで車で行けるので、登山時間は約1時間くらいです。

途中雨が降ったりと寒くて大変でしたが、景色は最高でした。

IMAG0851.jpg

画像は屏風岩。柱状節理でできた屏風ような岩壁です。

寒さが厳しくなる隠岐、彩り増す木々。


Edit Category 隠岐の生活
寒いです。

とうとう一日の最高気温が10度を下回って9度となりました。

海は荒れ、フェリーも夕方からの運行便のみとなりました。

寒さが厳しくなるなか、やっと山々の木々が紅葉を始めました。

画像は五箇の郷土館です。
_IGP4916.jpg
_IGP4921.jpg

バックに郷土館が入りこむ構図は来年の隠岐の島町カレンダーを盗みました。
↓詳しくは画像をクリック。隠岐の島町カレンダー販売のページに飛びます。11月が郷土館です。
2014hyoushimini.jpg

今週末くらいが都万目なども見ごろかなあ~と思いつつ、創生館でめかぶうどん定食を食べて帰りました。
201311170012.jpg

だいまんじトレイルラン


Edit Category 隠岐の生活
今日の隠岐は今季一番の冷え込み。明け方の気温11度がこの日の最高気温となりました。
午前中にはアラレも降ったりして、冬の訪れを感じさせました。

海も大荒れでレインボーは終日欠航。フェリーも昼から欠航となりました。

それでも夜になると、若干晴れてきて満月がどーんと顔を見せました。寒かったけど、ベランダから撮影。
tuki.jpg
PENTAX k-r + SIGMA 50mm-150mm HSM

そんななか、昨日ですが、隠岐の最高峰である大満寺山を走って登る「だいまんじトレイルラン」が開催されました。もともと、隠岐病院の加藤先生の思いつきで始まったこの企画、今回で第4回を迎え、参加者も年々増加。今回は島内外から40名の方が参加されました。
1465993_577731065634036_1049427001_o.jpg

非常にアットホームな大会で、スタッフは数名。スタート前には地元の有木小学校の生徒さんが島外からの参加者に隠岐の紹介をしたり、選手全員にエールを送ったり。コース上にも再少人数の配置で、道に迷うランナーも数名。それでもみなさん楽しく笑顔で走って帰ってくる。ゴール後にはまた有木の婦人会のみなさんが温かい豚汁を振る舞ってくれるという、小規模だけど本当に充実した大会です。

今回は西ノ島町から浜梶富夫さんも参加されました。浜梶さんはトレイルランのスペシャリストで、フランスのモンブランを夜通し走り抜ける「ウルトラトレイル・デゥモンブラン2012」で60歳以上の部で優勝経験のある方です。
もちろん、今回のだいまんじトレイルランも1位でゴールされました。(本人は出発前、「のんびりゆっくり走ります~」と言ってましたが笑)
963923_577731212300688_1946085327_o.jpg

ということで、隠岐の大自然をとことん味わえる「だいまんじトレイルラン」。来年は出たいなあと思いました。




ワンピース × 島根県隠岐


Edit Category 隠岐の生活
週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「ワンピース」。
そのコミックが累計で3億冊突破したということで、全国47都道府県の新聞をジャックするという企画があります。

ニッポン縦断!OPJ47クルーズ

ワンピースに登場するキャラクターが各都道府県の特産、名所に現れるというもの。

島根県は11月17日発行の山陰中央新報に隠岐のローソク島が出ました。
34shimane.jpg

今年は出雲大社の60年に一度の遷宮と言うことで、出雲大社かなあと思っていましたが、有り難いことに隠岐を取り上げていただきました。この宣伝効果はワンピースの影響力を考えるとすごいでしょうね。問合わせが増えると良いですね~

ただ、ローソク島のこの景色は遊覧船からしか見れず、また海の荒れる11月~3月は見ることが出来ません。なので、この機会に知って頂いて、来年の春に隠岐に見に来て頂くって流れが作れればいイイなあと思います。

全国の新聞紙をジャックするこの企画、お隣の鳥取県はもちろん砂丘でした。
33tottori.jpg

ついでに、そのお隣の岡山県は瀬戸大橋かと思いきや、麦わら帽子。主人公のトレードマークが麦わら帽子ってこともあってでしょうが、岡山って麦わら帽子の日本一の産地だとは知りませんでした。
31okayama.jpg


レンブラント光


Edit Category 隠岐の生活
IMG_2161.jpg

昨日のけあらしに続き、今朝の西郷港です。

雲の切れ間から差す太陽光がまるで、空から地上に伸びる階段のように見えます。

一般的に「天使の階段」、「天使のはしご」や光の魔術師と呼ばれた画家レンブラントが好んで描いたため、レンブラント光とも呼ばれています。


学術的には「薄明光線」と言われ、いろいろな条件が揃わないと見れない現象だそうです。
比較的、秋から冬は条件がそろうようで、今朝は気嵐を見に来たのにレンブラント光が見れてラッキーでした。



明日の西郷湾はどんな表情を見せてくれるのか、楽しみです。

けあらし


Edit Category 隠岐の生活
寒くなりました。

放射冷却の影響で気温がぐんと下がって最低気温は2度。

寒くなると海から水蒸気が冷やされて霧になる「けあらし(気嵐・毛嵐)」が見れます。
_IGP4489.jpg

今朝、たまたまカメラを持って漁港をウロウロしてたら日の出とけあらしに遭遇しました。もっと早く行けば日の出の太陽がきれいに見れたのになあ~とちょっと残念でした。

_IGP4493_201311142326584f5.jpg

_IGP4494.jpg

昼からは青空が広がり、飛行機雲も見れました。
530345_576202562453553_1309165359_n.jpg

冬の青空


Edit Category 隠岐の生活
寒くなりました。

強風のためレインボー2は欠航となりました。

今日は仕事で島前へ。
IMG_2140.jpg
今朝の西郷港。青空に低い雲がかかります。寒いですが空気が澄んでて気持ちよくもあります。

が、しかし、島前につく頃には雨に。欠航のレインボー2が係留されていました。この船も11月いっぱいで引退。
あと何回、海上を駆ける姿が見れるかなあと。来年3月からはジェットフォイルが就航します。
IMG_2143.jpg

仕事を終えて島後へ。

昼からは晴れ間も見えはじめました。青い空にフェリーの白い船体が映えます。でもやっぱり雲は低いなあと。
IMG_2155.jpg

冬の青空は、夏の真っ青な空とまた違った良さがあるなあと思った1日でした。
IMG_2159.jpg



秋の壇鏡の滝


Edit Category 隠岐の生活
朝から冷たい雨でした。
強風のためレインボーは朝から欠航でした。

全国的に冬型の気圧配置になってきて、隠岐もだんだん秋から冬になるのかなあという一日でした。

今日はなにもない休日だったので、紅葉がどこか無いかなあと壇鏡の滝へ行ってきした。

かたくりトンネル出たところからみる島前。雲の切れ間から見える日差しがきれいでした。ちょっと木が邪魔だけど。
_IGP4374_201311102108449e7.jpg

西郷港から車で40分くらい。壇鏡の滝の入口に到着。シンボルの2本の杉の大木が鎮座しています。
_IGP0962_20131110210843ad8.jpg

杉の木がたくさん生える参道を歩いて滝を目指します。
_IGP0968.jpg

歩くこと5分。滝に到着。

雨の後だったので、いつもは水量の少ない滝も今日は水量がそこそこあって滝っぽくなってした。

男滝
_IGP4412.jpg

女滝
_IGP4426.jpg

ってことで、やっぱりもともと紅葉する樹木が少ないのできれいな紅葉っていうわけには行きませんが、そこそこ木々が色づいてるって感じでした。

【激安】隠岐の島アワビツアー


Edit Category 隠岐の観光
たまにはお得な観光プランのお知らせを。

隠岐の島あわびづくしの旅 34,000円~
20131106.jpg


○大阪空港往復航空券
○1泊2食
○あわびステーキ食べ放題

さらにいくつかの特典付きで34,000円~

期間は12月1日~2月28日(年末年始除く)。

大阪⇔隠岐の往復だけでも普通に乗ったら44,000円はするのに、この価格はどうなってるんだろうと。

この機会にぜひ隠岐へお越しくださいませ。

この旅行プランの詳細については隠岐空港利用促進協議会のHPをご覧ください。

○冬の隠岐の島フリープラン あわびづくしの旅2日間

文化の日の振替


Edit Category 隠岐の生活
今年の文化の日は日曜日ということもあって、月曜日が振替で3連休となりました。

朝起きると、雨上がりの感じでしたが太陽が出てたので今日は久々の晴れのお休みか!!
_IGP4285.jpg

と思いきや、午前中は雨。ということで、雨の日に霧に包まれる乳房杉でも見に行こうと思いたち、GO。

乳房杉は隠岐の最高峰、大満寺の南谷林道沿いで見ることができる杉の大木です。樹齢は800年と言われていて、雨の日に霧が出ると幻想的な雰囲気に包まれます。この画像は去年の6月に撮影したもの。
_IGP9746.jpg
今回は季節が違うとちょっと違うのかなあと思って撮影に行くことに。レンズもこの時のと違うのをもって。


というとで、車を走らせること10分。まずは銚子ダムに到着です。
紅葉が楽しめるかなあ~と思って来ましたが、全然です。というか、隠岐の山は松や杉などが多いので、秋になってもあまり紅葉しません。。。

_IGP4296.jpg
霧はまあまあ出てました。

銚子ダムから南谷林道を登ること10分。大満寺登山道を過ぎて200mほど下ったところに乳房杉があります。

そこには霧に包まれた幻想的な・・・
_IGP4341.jpg

頂上付近はめっちゃ晴れてました(笑)

残念ながら霧に包まれた幻想的な景色は撮れませんでしたが、せっかく来たのでいろいろな角度から撮影したりして帰りました。アップで撮ったりね。
_IGP4311.jpg

連休ということもあってか、こんな山奥でもレンタカー2台とすれ違いました。

昼からも雨が降ったりやんだりの天気でした。
隠岐もだんだん寒くなってきました。冬の訪れです。







祝!70,000アクセス。


Edit Category 隠岐の生活
おかげさまでブログのアクセス数が70,000を超えました。開設から3年弱、これからも頑張ります。

さて、秋ですね。気付けば11月に突入です。

秋といえばいろいろありますね。芸術とか読書とか食欲とか運動とか。


夜、星がきれいに見えました。西郷大橋の上に輝くオリオン座です。画像ソフトでホワイトバランスいじって青くしたらいい感じになりました。秋は夕陽もきれいなのですが、なかなか週末の天気が良くなくて撮影にはイケてないです。あとは紅葉もそろそろなんですが、週末はイベント盛りだくさんで、なかなか行けなさそうです。
1398544_567779849962491_106126748_o.jpg

さて、読書の秋ということで、最近読んでいるのが深代惇郎の天声人語。天声人語といえば朝日新聞の超有名コラムです。僕らの年代では受験の小論文対策では必ずと言っていいほど、このコラムを読むべしってのがあったように思います。その中でも珠玉のコラムと言われるのが深代惇郎氏のコラム。

IMG_2128.jpg

氏は昭和50年に46歳という若さで亡くなってしまいますが、この40年前にかかれたコラム、今読んでも色褪せること無いくらい物事の本質を伝えていて、読んでいても新鮮です。そして読みやすい。私も氏のような教養あふれる、そしてユーモアに富んだ文書が書けるように頑張りたいなあと思うのでした。
現在は絶版になっていて、私も大学時代に古本屋で買いましたが、ぜひぜひ復刊をして欲しい一冊です。

あとは食欲と運動ですが。

食欲は秋に限らずですが、やっぱりさつまいもや柿、栗なんかが食卓に上がるようになると秋だなあと思います。
こうやって食を通して季節を感じることができるのも田舎の贅沢なのかなあと。隠岐の場合はさらに海産物もあるので、もうすぐカニが島内いたるところで溢れて冬の訪れを感じるようになります。

運動。。。

してないですね。先日、2ヶ月ぶりにバスケをしましたがやっぱりキツイ。けどやっぱり楽しいですね。ほどほどに頑張りたいです。
11月17日には隠岐最高峰の大満寺を舞台にした「大満寺トレイルラン」も開催されます。秋の隠岐の山を秋を感じながら楽しくトレイルランです。私は出ませんが。。。

今回は隠岐世界ジオパークを走ろう!!というこで、ジオパークを活かした地域活性化ってこういうことなのかなあと思います。
IMG_2107.jpg
先日の基礎から学ぶ隠岐ジオパーク講座にて。


自分たちの地域、活動が世界から見られている、注目されているという意識を持つことで、やはり地域への誇りや愛着がわいてくるのかなあと思います。そうなれば、もっと隠岐を良くしたい、自分たちで盛り上げて行きたいという活動ももっと活発になっていくのかなあと期待しています。
 
11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10 12


 
 


ARCHIVE RSS