隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高田山へ登る。


Edit Category 隠岐の生活
ここ数日、晴天が続く隠岐です。

島内では来月の隠岐の島ウルトラマラソンの練習をする人、サイクルジャージを着て本格的にサイクリングする人、大型バイクに乗ってツーリングする人、いろいろな姿が見られました。

私も自転車でポタリングしようかな~とも思いましたが、前々から気になっていた都万の高田山に登ってみようと思いたち、昼から出発しました。

都万の高田山は標高約300mの山で、頂上部分が岩がむき出しになっています。ロッククライミングとかできるのかな・・・
屋那の船小屋の後ろにそびえる姿は漁村ののどかな風景を残しています。ここから見るとまさに「山」という字に見えます。
416363_383447001729111_1020797384_o.jpg

さて、高田山の登山口は隠岐の島町都万支所のちょっと先の高田神社の横にあります。
役場に車を止めて進みます。頂上が近くに見えます。
_IGP2443.jpg

役場横の道を歩くこと3分。高田神社横の登山口に到着です。ここから登ります。
_IGP2444.jpg

登山道は道があってない無いような感じです。案内板もありませんので、探り探り登ります。
傾斜は急ですが、階段等はなく、結構登るのに苦労します。危険なところにはロープが張ってあります。
_IGP2445.jpg
_IGP2449.jpg

そして登ること40分。頂上ではないですが、登山道の終点に到着です。
下から見たとおり、頂上付近は岩がむき出しになっているので見晴らしは素晴らしいです。
_IGP2450.jpg

頂上からは津戸の海岸から都万の集落、そして沖には島前が見えます。今日は残念ながら少し霞んでいたので島前はクッキリ見えませんでした。
パノラマ3

左側の津戸の海岸の流紋岩の白い岩肌が非常にきれいです。この岩質の海岸が久見~白島と続きます。
_IGP2494.jpg

ということで、写真もたくさん撮ったので下山します。

下山は途中で道を見失いましたが、ひたすら下ってなんとか元の道にたどり着きました。

スッキリと晴れ渡った日にもう一度登りたいと思います。


関連記事

Newer Entryにっぽん原風景紀行 隠岐

Older Entry最近の隠岐ジオパークの話

Comments



 
07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06 08


 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。