隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAMEDAGIA FES 2014


Edit Category 隠岐の生活
mamedagia.jpg

隠岐の島町の合併10周年記念イベントのひとつ、MAMEDAGIA FESが開催されました。
プロのアーティストが島へやってきて2日間で開催されたフェス。昨年、島前で音つなぎフェスというのがありましたが、それに続く隠岐での音楽フェスでした。

私は仕事でいけませんでしたが、このために帰省した同級生や島外からも参加者がいたりしたようで、この土日は島が賑やかになったようです。

さて、終わってみると参加者や出演者からは来年も!という声が聞こえてきています。

今回、隠岐の島町合併10周年ということで事業費は1億円(隠岐の島町議会だより1月号)。
うち、町の予算から3千万円、そのほかチケット収入等でまかなうということだそうですが、来客想定5,000名(島外3,000名、島内2,000名)にはおそらく届いていないので、赤字なのかなと。

山陰中央新報によると初日の来場者数は700名。2日間でおそらく1,500名程度かなあと予測します。

この辺をどうクリアしていくかが課題となると思いますが、思えば、合併記念で始まった隠岐の島ウルトラマラソンは開催2~3年目までは参加者も少なく、開催の継続もどうかなあ~ってときもありましたが、今では島を代表する一大イベントとなりました。(島外からの参加者は700名を越え、しかも参加費は1万2,000円程度と決して安くありません。)

ということで、ウルトラと比較して、フェスを今後継続していくかの課題としては

○島外からの参加者をどうやって増やすか。
ネームバリューのあるアーティストを呼ぶのがいいのか、価格を下げるのがいいのか。隠岐だからこそ!っていう部分をいかに生みだすかが鍵かなと。
ウルトラの場合だと難コースという点と、島民の応援という2点が参加動機となっているのではないかと思います。

○島民をどうやって巻き込んでいくか
実際に行って無いので憶測で書きます。
おそらく今回の参加者の年齢層は20~40代くらいの比較的隠岐では若い世代ではなかったかと思います。この前の週に帰ったときに、水森かおりさんがきていましたが、このときの年齢層はだいたい60~80代くらいでした。

フェスの性格上、高齢者層の参加を期待することは難しいと思います。が、そうなると島民の参加者は伸びませんし、島のイベントとしての一体感が醸成されません。そこで、なんとか年配の方にも楽しんでもらえるように、例えば孫と参加できるように、子供向けのアーティストも呼んでみるとかすると面白いのかなあなんて思いました。


今回の結果からすると、おそらく大赤字。赤字は町の補正予算で補填されるでしょう。事業費1億円。島民一人当たりだと1万円をかけて行った記念事業のフェス。やりっぱなしにしないで、しっかりと検証を行って継続するのかどうか決めて欲しいと思います。

関連記事

Newer Entry隠岐最高峰 大満寺山

Older Entry隠岐旅情 水森かおり

Comments

 
子供連れの参加者が非常に多かったように思います。
会場の後ろ半分はガラ空きだったので、子供たちはそこで楽しそうにバッタを捕ったり走り回ったりして遊んでいましたよ。
残念だったのが、駐車場から会場までが遠いこと。それに加え、リストバント交換所からライブエリアまでも思ったより遠く、ライブエリア内に入るまでに階段を2回も越えなければならなかった。
足が悪い方や、ベビーカー持参の方にはつらかったろうなと思います!実際そういう声をたくさん聞きましたね。。。
 
 
コメントありがとうございます。

なるほど。実際現場に行って無いとわからなしい、意識して無いと気づかないところですね。初めての開催ということで、やってみないとわからなかった課題や、知名度の問題などいろいろ反省点はあると思うので、しっかりとフィードバックを行って欲しいですね。
 


 
07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

06 08


 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。