FC2ブログ

隠岐での日々

ブログでつづる隠岐の観光と暮らし

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久見竹島歴史館へ行ってきた


Edit Category Tagged  竹島 
久見竹島歴史館
久々の投稿です。

2月22日は島根県が条例で定める竹島の日です。

1905年2月22日に島根県が竹島の領有を告示し、国際法上も竹島が日本の領土なりました。

それから40年後の1945年、日本は戦争に敗れ、GHQの管轄下に置かれることになります。

そして日本の主権が回復される1952年、サンフランシスコ講和条約が発効される直前に韓国は一方的に竹島の領有を主張し、竹島の実効支配が始まりました。

島根県が告示をした1905年から100年目の2005年に島根県議会で竹島の日条例が可決され、毎年2月22日は竹島の日とされました。

毎年2月22日は竹島の日の記念式典が開催されています。

竹島の日条例の制定を契機に?竹島に関する様々な活動が盛んに行われるようになり、北方領土、尖閣諸島などと合わせて領土問題に対する関心は高まって来ているように思います。

さて、竹島は島根県の隠岐の島町に属します。
で、一昨年の6月に、竹島の資料館ができたので行ってきました。その名も「久見(くみ)竹島歴史館」

場所はかつて竹島への拠点だった、五箇の久見地区です。西郷港からは車で35分くらいです。
道中、案内看板はないので、土地勘がないとわかりづらいですが、久見簡易郵便局が併設なので、そっちを目指すと良いです。
久見漁港へ向かう道沿いにあるので、比較的わかりやすいです。

中に入ると、主に竹島でのアシカ漁やアワビ漁などの活動の説明がパネルで展示されています。

IMG_8785.jpg

IMG_8786.jpg

IMG_8788.jpg

IMG_8789.jpg

IMG_8787.jpg

IMG_8790.jpg

また、私は初めて見ましたが竹島でのリン鉱石の鉱業権の許可の資料もありました。竹島は漁業だけでなくリン鉱石も取れたようです。

広さにすると10畳程度かな。そんなに広くありません。展示内容もちょっと寂しいかなという気がしました。

以前、ここができる前は隠岐郷土館に竹島資料コーナーがありました。(まだあるのかな?)
その際には竹島から持ち帰った石の展示などもありました。絶滅してしまったニホンアシカの剥製でもあると、もっと展示が充実するのになあとも思いました。あとは竹島まんじゅうなどの竹島グッズの販売とか。

開館時の報道等をみると、竹島に関する地元での調査、研究結果や証言を引き継いでいく施設として作られたということなので、今後の資料の充実に期待したいですね。

ともあれ、竹島への拠点だった久見に資料館ができたことは領土問題への関心を高める上でも効果的ですし、研修スペースでは竹島に関する勉強会を実施したりもするようです。開館時間も年中無休(年末年始はお休み)で、朝は9時からやっています。

帰りに吉浦野営場の「竹島の碑」をぜい見に行ってくださいね~と勧められたので、そちらも見て帰りました。
ちょうど、久見の漁港を見下ろし、遠くに竹島を臨む場所に竹島の碑はたっていました。
IMG_8794.jpg

IMG_8795.jpg

IMG_8796.jpg

おまけ。久見のマンホールの柄はニホンアシカでした。
IMG_8791.jpg



関連記事

Older EntryDocumentary of OKINOSIMA

Comments

 
Mеu nome é Bob Smith, mas tоdos me chamam de Smithy.
 


 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
 


ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。